違法録画に対する世界的影響

新しくリリースされた映画の91%以上は、違法な方法で世界的にインターネットや街に出回っており、元をたどると劇場で違法コピーされたものである。

映画泥棒は世界中に点在する一つの違法産業でもあり、これ対して映画業界は毎年何十億ドルもの損失を被っている。

映画泥棒はしばしば犯罪組織とつながりを持っています。また、新作映画の劇場公開から数日のうちに盗撮しようと必死になります。

これらの劇場盗撮映像は、しばしば劇場公開から数時間で違法サイトにアップされ、多数の違法ダウンロードの引き金となります。これは映画にとって劇場興行だけでなくすべての販売の段階で大きなダメージとなります。

映画泥棒はまたこれらの違法な盗撮映像を違法DVD製造工場に販売します。そこでは、違法DVDの製造・包装が行われ、ブラックマーケットでの販売用に出荷されます。

他の産業と同様、映画界も映画からの利益を将来の作品の投資にあてます。 映画泥棒が原因で融資される映画が減り、そのことで雇用が減るだけでなく、あなたの劇場チケットのようなローカル商品やサービスが売れなくなることを意味する。

映画泥棒は決して被害者なき犯罪ではありません。ハリウッドの映画会社が映画泥棒の影響を受けるずっと前に、各国の人々の生活を支えるビジネスが損なわれ、各国の雇用が減少します。映画泥棒はあらゆる映画館からお金を奪っているのです。そして雇用を減少させるのです。

このような映画業界と映画泥棒との戦いにおいて、あなたのような劇場スタッフはその最前線に立たされているのです。

adminHome